冬休みの勉強で差がつく

冬休みにきちんと復習をするかしないかで、次学年の学習理解が変わってきます。

どの学校でも、だいたい冬休み前までには1年の勉強範囲の3分の2が終わっています。
そのタイミングで自分の苦手単元や理解があいまいだった内容を復習することは、学年末のまとめ学習に自信をもって取り組めるといこうとです。
そして、その自信は次の学年の学習意欲にもつながります。

「それだったら『春休み』でもいいんじゃない?」

よくないんです。
はっきり言って『春休み』は勉強に力があまり入らないんです。
気持ちは1年が終わった充実感と進級への期待感で、勉強どころじゃないんです。

しかも、1年分の学習を振り返るとなると、気が重くなるのは分かりますよね?
そう、春休みに勉強のやる気を出すのは難しいんです。
だから、冬休みが大事なんですね。

冬休みにぜひ復習や学び直しをさせてください。

家でできるなら家で。
家が難しいなら、勉強の環境が整っている塾の冬期講習に行かせてみてください。